化粧水の効果と選び方

subpage01

洗顔後のスキンケアで一番初めにつけるのが化粧水です。化粧水の基本的な効果としては、肌の保湿してキメを整えるという働きがあります。

化粧水の効果サービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

洗顔後の肌は、保湿に必要な成分や油分が落とされてしまっている状態です。それを補うためのケアがスキンケアですが、化粧水はつけることによって保湿と同時に美容液などを浸透しやすくする役割もしています。

しかし、化粧水の効果は保湿だけではなく他にも様々な機能があります。
シミやソバカスの対策をする美白タイプのもの、ひびやあかぎれを対策するためのアルカリ性タイプ、キメを整える収斂タイプ、古い角質や汚れを取るための拭き取りタイプなどがあります。


他にもニキビ用のものや浸透性を高めるタイプなどがあります。

種類が多く肌悩みに合わせて選ぶことができますが、選び方としては自分にあったものを選ぶことが基本になります。
選び方がわからないという場合には、一般的な保湿を目的にしたタイプのものを選ぶのが無難です。また効果を高めるためには、つけ方も重要です。

多くの場合は手のひらかコットンを使ってケアしていると思いますが、どちらの方法も一長一短な方法になります。



手のひらの場合は、体温によって毛穴が開きやすくなり浸透しやすいというメリットがあります。

しかし、コットンに比べてムラなく浸透させることが難しいとされています。
コットンの場合はパッティングによって肌に刺激を与えることになりますがムラなく浸透させることができます。
ただし、たっぷり化粧水を使うことが必要です。