効果的に自分にあった化粧水を選ぶポイント - 化粧水の効果を把握しておこう

効果的に自分にあった化粧水を選ぶポイント

subpage01

朝と晩、1日に2回使用することが多い化粧水は、肌のコンディションを整える役目があります。

これに加えて、その後に使用する美容液や乳液、クリームなどの働きを高める効果もあります。

ですので、なんとなく適当に選ぶのではなく、しっかりと自分にあったものを選ぶことで、より美容効果をアップさせることが可能です。


自分に適した化粧水を選ぶためには、肌の特徴を把握するのが1番です。
皮脂の分泌量が多く、ニキビになりやすい10代は、使用後の使い心地がさっぱりとしたものがおすすめです。

化粧水の効果の初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

さらに、おでこや鼻など肌がてかりやすい部分には、スキンケアの最後に収れん化粧水を使用することで、皮脂の分泌を抑えることが期待できます。


20代30代では、美白対策を意識して化粧水を選ぶのがおすすめです。

アルブチンやトラネキサム酸などの美白成分は、メラニン色素の生成を抑える働きがあります。


ですので、シミが目立ち始める前の20代30代から使うことで、シミを予防することが可能です。

すでにシミができてしまって悩んでいるという人は、ビタミンC誘導体の利用がおすすめです。



ビタミンC誘導体には、肌に沈着したメラニンを還元する性質があります。
そのため、長く使い続けることでシミやソバカスを薄めることができます。

肌の弾力が低下する40代以降では、プラセンタエキスを意識して補うようにしてみましょう。



プラセンタエキスには肌の調子を正常に近づけるという働きがあるからです。


シミの還元に加え、肌の弾力アップにも効果的です。