ベビーシッターの仕事は魅力的

女性の社会進出が盛んになり、男性と同じような雇用条件で働く女性が増えました。それと同時に結婚や出産をしても会社を辞めず、出産してから早期に職場復帰する女性が増えたことから、ベビーシッターの需要は高まっています。普段は保育園に預けている場合でも、仕事で帰宅が遅れてしまったり、子どもが風邪をひいた場合は保育園で預かってもらうことができません。それでも仕事は急に休めないことが多いので、ベビーシッターを雇いたいという人が増えているからです。

ベビーシッターは個人同士で契約することもできますが、派遣会社に登録することによって、沢山の仕事を紹介してもらうことができます。契約によって異なりますが、時間給になっていることが多く、一般的なアルバイトやパートよりも時間給が高いという特徴があります。さらに早朝や深夜などの時間に仕事を頼まれた場合は、時間外手当がつくので給料面でも魅力的です。また、何よりもベビーシッターの仕事で魅力的なことは、子ども深くかかわれることです。

保育園や幼稚園の場合は、沢山の子どもの様子を見なければならないので、一人一人の個性を見逃しがちです。しかしベビーシッターの場合は一人か二人という少ない人数でお世話をするので、それぞれの子どもの個性を見極めたり、子どもの話をゆっくり聞いてあげることができます。子供はそれぞれ個性を持っていますので、それに対応した遊びを提案することを考えることも仕事のやりがいにつながります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.