ベビーシッターについて

ベビーシッターは何らかの事情により親が自分自身で子どもの面倒を見れない場合に親に代わって世話をしてくれるサービスや世話をしてくれる人のことを言います。日本では保育園が普及しているため、あまり利用する人はいませんがアメリカでは既に昔から利用されているサービスで高校生や大学生がアルバイトとして行っているケースもあります。利用者は年々増加していますが、それに伴いトラブルも増加しています。特に怖いのが子供への暴力です。

いったいなぜこのようなトラブルが起きるのかというと、まず保育士とは異なり専用の資格が存在していません。そのため資格を取得していない人でも行うことが出来るという点があげられます。次に保育を行う場所が保育士の場合は保育園ですので同僚や他の親の目がありますが、ベビーシッターは保育場所が各家庭であり他人の目がきわめて少ないということがあげらえます。とはいえ、全ての方がそのように子どもに対して暴力をふるうというわけではなく、ほとんどの方が子どもが大好きで世話を行ってくれる方ばかりです。

ですが中には少数ですが危険な方もいるのが事実です。そのため、ベビーシッターを利用する際は出来る限り育児サービスを提供している派遣会社から派遣してもらう事をおすすめします。こうすることで、会社が認めたある一定レベルの条件をクリアしている方しか派遣されてきませんし、トラブルが起きた際の補償もしっかりしています。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.