ベビーシッターになる方法は?

ベビーシッターには正式な資格というものはありません。したがってどなたでもすぐにベビーシッターを名乗ることが出来ます。しかしシッターは子供の命を守る大変責任の重い仕事ですので、なんの信頼性もない人に子供を預ける人はいないでしょう。多くの場合、シッターの企業にスタッフとして登録して、そこで紹介されてお客様の自宅に向かうなどの形式となるでしょう。

スタッフとなるためには、保育士や幼稚園教諭、看護師の資格があると優遇される傾向があります。また民間の認定資格として、公益社団法人「全国保育サービス協会」による資格認定制度があり、これに合格すると「公認ベビーシッター」の資格を得ることが出来ます。試験は2つの方法があり、全国保育サービス協会が認定した保育士養成学校のカリキュラムを取ることで資格を取る方法と、全国保育サービス協会の実施する研修に参加して取得する方法があります。近年待機児童が大問題になっており、保育園の数や質の向上が求められていますが、様々な問題が山積みになっておりなかなか解決に至っていないのが現状です。

このため、自宅で保育をしてもらえるシッターさんの需要が高まっています。正社員として採用される場合はまだレアケースですが、資格を取りながらキャリアアップを図ることで収入の向上が見込めます。今後は自宅での保育だけではなく、イベント会場や会社内部の施設など幅広く活躍の場が広がっていく可能性があります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.