ベビーシッターの役割

ベビーシッターとは、保護者に代わって子供の世話をする仕事で、個人宅や民間の託児所などで行われています。最近では企業のイベントや遊戯施設などでも配置されており、子連れのファミリーがイベントなどに参加しやすくなっています。対象年齢としては6ヶ月の乳児から小学校低学年までの子供で、場合によっては小学校高学年まで対象になることもあります。但し、一般家庭のベビーシッターの場合は、原則として対象の子供の年齢制限がありません。

働き方の形態としては、ベビーシッターの派遣会社に登録して、アルバイトやパート社員として働くケースが大半になっています。派遣会社は託児所を持つ企業と提携することで、登録者を派遣することになります。但し、企業によっては自前で保育所などを開設している場合もあり、ベビーシッターに関しても社員扱いにしているケースもあります。ベビーシッターの大切な役割として、保護者が急用や病気の際に、一時的に親代わりになって子供の世話係を果たすことです。

その役割の中には見守りをはじめ、食事の提供や身の回りの世話、そして勉強のサポートなど多岐にわたります。具体的には家族の依頼内容に基づきますが、子供の世話を喜んで行えることが何よりも大事です。また、家事全般の遂行能力があることも肝心で、その家庭の家事の質以上のケアができることがプロの仕事だと言えます。特に病気が理由で仕事を依頼された場合は、家事もこなさなければならないので、日頃からスキルを磨いておくことが重要な点となります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.