ベビーシッターの選び方

ベビーシッターを利用したいと思ったら、シッター選びは慎重に行う必要があります。海外ではベビーシッターは一般的なサービスになっているので、使用している人も多いものですが、日本ではまだそのサービス自体が浸透していないので、法整備も整っていません。保育園での保育士のような資格も必要がないので、誰でもベビーシッターになることができます。そのため、シッターを管理している運営者によって、登録の際に厳しい条件を設けている場合も多くあります。

ベビーシッターを利用したいと思ったら、厳しい条件を設けている管理所を利用したほうが安全です。また、シッター用の専用資格はありませんが、同じ保育という面で、保育士の資格を持っていたり、チャイルドマインダーの資格を持っている人を選んだほうが、育児に対しての知識が豊富なので、安心して子供を預けることができます。利用料に関しても、それぞれの運営所によって判断が任されています。ベビーシッターの場合、保育する場所は基本的には依頼者の自宅が多く、保育所を設ける必要がないので、かかる費用は人件費のみになります。

最近では価格競争も始まっているので、ほとんどの営業所で統一価格のような状態になっています。価格が一緒でも、万が一のけがなどの場合の保証の面はそれぞれ異なっています。保証がしっかりとされていると、万が一けがなどをしてしまっても安心です。シッターの質や保証面のチェックをしっかりとしましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.