ベビーシッターにして働くには

共稼ぎ世帯やシングルマザー・ファザーの増加と、保育園の慢性的な不足によって、ベビーシッターのニーズはますます高まってきています。しかし現状ではシッターで正社員として働いている人はごく一部で、ほとんどはアルバイト・パートか契約社員です。多くの場合、シッター派遣会社に応募し、スタッフとして採用されれば、条件にあう案件を紹介されるという流れです。シッターには国家資格はありませんが、全国保育サービス協会で認定している「認定ベビーシッター資格」や、保育士、幼稚園教諭、または看護師の資格があれば優遇されます。

認定ベビーシッターの資格を取得する方法は2種類あって、まず「認定ベビーシッター資格取得指定校」と指定された保育士の養成学校で、保育士資格取得のための指定科目の他に「在宅保育」に関する科目で単位を取得して卒業した場合。次に、認定ベビーシッター試験に合格して取得する場合です。この試験は、2つの研修を受けて合格することと、シッターとしての実務経験があることが必要になります。資格の有無の他にポイントなるのは、子育て経験の有無や、タバコを吸わないこと、ペットを飼っているかなどがあります。

ペットを飼っていないお宅ではアレルギーなどの問題から断られる場合もありますが、逆にペットのいるお宅ではペットの扱いに慣れていることがメリットとなる場合もあります。けれども第一はやはり子供が好きで子供を責任をもって守ることが出来るかにかかっているでしょう。大事な命を守る仕事です。知識は貪欲に吸収し、命を守る覚悟が求められるのは当然といえましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.