ベビーシッターを頼むときの注意点

ベビーシッターとは一般的に両親に変わって幼児や子供の世話をすることをいい、日本の場合、職業として従事する際に国家資格などは必要ありません。そのため誰でもなろうと思えば職に就けるので、利用する側としてはしっかりと見極める必要が出てくるのです。近年は共働きが増えてきて、子どもができてもそのまま働き続けるケースが増えています。だいたいは保育園に預けて出勤しますが、子どもというのは常に元気なわけではなく、むしろ小さなうちは免疫が低く、ちょっとしたことで病気になりやすいと言えます。

そして保育園は風邪など周囲に感染する病気の場合、預かりを拒否されてしまう場合が多く、そうなると自宅で面倒を見なければいけません。自分自身が仕事を休めればいいですが、突発的なことで不可能な場合も出てきます。また周囲に実家や親せき、友人など預け先があればいいですが、核家族化が進む中では難しく、さらに病気の子供を預けるのに不安があるはずです。そこで役立ってくれるのがベビーシッターで、子供の面倒を見るプロですから任せて安心だと考えられます。

ただ前述のようにベビーシッターは保育士などと異なり国家資格を必要としない職業なので、本当に能力や知識を持っているのか不安を感じる場合も出てきます。その時にはベビーシッター協会が認定資格を発行しているので、そちらを所持していれば応力が水準に達していると分かるので安心感があり、ひとつの目安になります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.